思いがけないワンナイトラブから交際に発展!

友人にそそのかされ、人生初の出会い系サイトをしてしまいました。
出会い系サイトを心のどこかでバカにしていたところがあったのですが、そこで知り合い、出会った女の子がまたかわいかったのです。
しかもとても普通の女の子
もっとケバい女が来ると思いきや、まるで違ったのです。
性格もよくて、初めはお互いに緊張でなかなかうまく話せなかったけど、お酒も飲みながらだったので、だんだんと打ち解けてきたんですね。
そのうちにお互い合うなってなったのです。
まさかこんなに楽しい出会いになるとは夢にも思わず。
私としてはそんな気はなかったのですが、気づけばラブホテルに入り、ワンナイトラブになっていました。
また寝ている彼女の顔があまりに可愛くて。
こんなワンナイトラブで終わらしたくないと彼女が目を覚ましたとき、「好きになったから、付き合ってほしい」と告白しちゃいました。
彼女は嬉しいと言って、付き合うことになったのです。
思いがけないワンナイトラブから恋愛に発展し、最高の一夜でしたね!

思いがけないワンナイトラブから交際に発展!

知らない番号からの着信。
今なら出る事すらないかもしれないけど、あの頃は通話料が高くて
せっかく買ってもらった携帯を使う事がとても少なかった。
だから、知らない番号であっても鳴った事、それだけで嬉しかったのかもしれない。

出てみると知らない相手。
私を友達と勘違いしてるようで話し続ける彼。
「たぶん、間違ってると思うんですけど…」
それからなぜか自己紹介。
本当に間違えたのか、そもそも私のような人を狙ってかけていたのか…
もちろん私は前者だと信じているし、今もそう思っている。
それからたまにかけてくるようになった。

当時出会う事のなかった社会人の人との電話は、ドキドキした。
とても大人になった気分だった。
顔も見たことない人なのに、毎日ドキドキしながら電話を待った。

間違い電話から1か月後、私達は会う事になった。
初めて会った日にホテルに行った。
初めてだったけど、怖いなんて思わなかった。
口には出さなくても、ホテルに行くんだと分かって会ったから。
嫌われたくないって気持ちのがきっと大きかった。

ホテルを出て、少し走ったら「ここでいい?」と駅で下された。
その後、彼と連絡は取れなくなった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする