子持ち同士の不倫関係はお互い気楽でいいのかもしれない

主人の転勤で引っ越すことになり、その当時勤めていた職場を退職しました。
そして新しい土地で子供が生まれましたが主人は帰りが遅く、慣れない土地で孤独な育児の日々でした。
そんな中以前勤めていた職場の40歳の元上司からいきなりのライン。
「最近どう?」
人恋しかったのもあってその日からラインで元上司と連絡を取り合いました。
向こうはお子さんが4人もいて子育てにも協力的だったようで子育ての先輩としてはじめは連絡を取り合っていたのですがいつしか男性として意識してしまうようになり毎日連絡を取るのを楽しみにしていました。
そんな中、元上司が出張でこちらに来るというのでぜひ会いましょう!と言われ「友人と会うので。
」と子供をお姑さんに預けて待ち合わせ。
最近の職場の話などをしたり意気投合しすっかり夜遅くなってしまいましたがなんとなくそのままホテルへ。
そして不倫関係に落ちてしまいました。
お互い子供、そして家庭があるので頻繁に会うことは難しいと理解しあっているのでトラブルもなく今日までうまくやっていますが、主人はもちろん子供には悲しい思いをさせたくないし知られたくないのでこのまま内緒の不倫関係を続けていけたらいいと思います。

子持ち同士の不倫関係はお互い気楽でいいのかもしれない

社内不倫が始まるキッカケは部長の交代によるものです。

うちの会社の営業さんは基本的に成果主義で、成績次第でお給料が毎月変動します。
だからこそいい営業先を回してもらえるかが成功の秘訣となっています。

しかもうちの営業さんは圧倒的に女性が多く、部長は大抵男性がつくことが多いです。
だからこそ営業さんが色仕掛けで部長を口説き、不倫関係に陥るというパターンが多いように思います。
でも部長もいい歳なんで、奥様がいるのが当たり前です。
そのため、秘密にできていないけれども建て前上、秘密の社内不倫が成り立っているような状況です。

そんな中でも特に根性を発揮するのが部署内でも特に部長ゲット率が高いのが30代の女性でした。
ちょっとセクシー系な服を着ているのと、顔も綺麗だったからだと思います。

ただ部長が変わるたびに前の部長を捨てて、新しい部長とくっつくから尊敬してしまいます。
普通はなかなかできないと思いますし、かなりタフだと思います。

でも、それでいい成績もちゃんと出しているので、やはり不倫の成果なんだなと感じました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする