姉がふたりいる僕は年上の女性に魅力を感じる

僕には姉が二人いて幼い頃から女性に囲まれて育ってきました。
遊ぶことにしても、ゴム飛びや人形で遊んでいたので大人になってからも年上の女性だけに魅力を感じていました。
僕は今30代前半ですが恋愛対象は僕よりも年上の女性です。
子供の頃に二人の姉に可愛がってもらっていたことが影響しているせいか年下や同年代の女性にはなかなか恋心が芽生えません。
そんな僕は年上の女性に対して、甘えたい気持ちがとても強く付き合う女性にいつも甘えていました。
幼い頃に本当に可愛がってもらっていてお風呂も一緒に入っていたので年上の女性に対して甘えることが当たり前の状態になっています。
そんな中で最高の女性に出会いました。
何をするにも彼女に甘えて家でも外でも甘えています。
そんな彼女は仕事をバリバリこなしていて僕は家では主夫のような状態で過ごしています。
彼女と一緒に居る時間はとても癒されて甘えることで心も身体もいつも満たされています。

姉がふたりいる僕は年上の女性に魅力を感じる

14歳年上の彼と付き合ったことがあります。
そのとき私は25歳でした。
私からみたら彼はとても大人でやることすべてがかっこよく見えていました。
初めて彼と旅行に行くことになったときのことです。
今まで私は同世代の人としか付き合ったことがありませんでした。
その時はどこへ泊まるのか、どこへ行くのかなどを細かく予定をたててから行くことが多かったです。
お金の問題もあったので極力安く済む方法を考えていました。
しかし年上の彼の場合収入もはるかに上だったので安い宿を探すというよりも、泊まる宿になにがあったら良いのかを基準にして選んでいました。
金額は驚くようなものでしたが、どうせ泊まるならのんびりゆっくりと普段味わえないようなところに泊まろうという考えでした。
実際に泊まってみると今までには経験したことのないようなところで料理もおいしく、とても満足でした。
宿から移動するのもどれだけお金がかかってもいいので早く着く方法で移動しました。
彼との旅行は忘れられない思い出となりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする